文字サイズ

広報一覧

ひみのふくし5月号

広報

《5月号の主な記事》

 

音訳ボランティアなみの会の練習風景

 

〇私の新しい挑戦があなたを支える力になる

 音訳ボランティア「なみの会」は、昭和61年から市内の視覚障害のある方々に、毎月広報誌の音訳CDを届けています。

 


〇地域づくりを支える「人材育成」

介護講座、地域福祉活動サポーターフォローアップ研修の開催

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし5月号」をご覧ください。

ひみのふくし5月号

ひみのふくし4月号

広報

《4月号の主な記事》

 

出張ボランティアのみなさん

〇春到来あなたに贈るボランティアのススメ


〇令和3年度「富山県地域包括ケア実践顕彰」茶論(サロン)が受賞


〇「地域共生社会」の実践を目指して


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル(ひみのふくし4月号)をご覧ください

ひみのふくし4月号

 

 

ひみのふくし3月号

広報

《3月号の主な記事》

表彰者の皆様


〇広がれ!食を通した子育て支援

氷見市社協では、食を通した子育て支援として、こども食堂の運営サポートや、経済的に困っている子育て世帯に食材を届ける「こどもホームデリ」事業を実施しています。

 


〇氷見市社会福祉協議会会長表彰、かがやき賞、感謝状の贈呈式

2月6日(日)地域福祉活動へのご尽力、ご貢献を表し、氷見市社会福祉協議会会長表彰、かがやき賞及び感謝状の贈呈式を行いました。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル(ひみのふくし3月号)をご覧ください

ひみのふくし3月号

ひみのふくし2月号(めいわふらっと写真紹介)

広報

ひみのふくし2月号(2ページ)で紹介しきれなかった写真をご紹介します。

下記のPDFよりご覧ください!

 

ひみのふくし2022.2月号 もっとめいわふらっと

ひみのふくし2月号

広報

《2月号の主な記事》

 

めいわふらっと運営スタッフのみなさん

ふらっと立ち寄れる、ふらっと(flat)な目線・立場で地域をつくる「めいわふらっと」

 

令和3年12月12日に明和地区社会福祉協議会は、旧明和小学校にて地域交流活動&地域なんでも相談「めいわふらっと」を始めました

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル(ひみのふくし2月号)をご覧ください

ひみのふくし2月号

ひみのふくし1月号

広報

《令和4年1月号の主な記事》

 

 

上庄公民館 門松づくり

 


 

◎備えて安心 いのちのバトン

皆さんは、「一人暮らしをしている親が心配」、「親と同居しているが、仕事に行っている間にもしものことがあったら」と不安に感じたことはありませんか。今回は、そんな不安を解消する取り組みの一つ、「いのちのバトン」を紹介します。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし1月号」をご覧ください

ひみのふくし1月号

 

ひみのふくし12月号

広報

《12月号の主な記事》

 

〇12月3日から12月9日は障害者週間です。

障害者週間に合わせて、障害のある方を身近で支える家族の体験談を紹介します。


〇氷見のこども食堂

~第14回 全国校区・小地域福祉活動サミットin北海道を通して~

こども食堂の取り組みを紹介する向さん


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイルひみのふくし12月号をご覧ください

 

ひみのふくし12月号

ひみのふくし11月号

広報

《ひみのふくし11月号の主な記事

 

キトキトファーム・NPO法人氷見なごみの会


 

◎あなたの身近な「福祉」を伝えたい~将来を担う子供たちへ~

今回は、子どもたちに対する取り組みで大切にしてきた地域での学びや、障害の一つの特徴として捉える体験活動の様子を紹介します。

 


◎「地域共生社会」の実現を目指して


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし11月号」をご覧ください。

ひみのふくし11月号

ひみのふくし10月号

広報

《10月号の主な記事》

 

久目地区 川の様子

 

◎災害からいのちを守る行動を

8月13日(金)、氷見市では大雨のため、市内全域に警戒レベル3「高齢者等避難」、久目地区には全住民を対象とする警戒レベル4「避難指示」が発令され、市内17か所に避難所が開設されまいした。

 


◎「地域共生社会」の実現を目指して

氷見市における「地域共生社会」の実現を目指した機能や取り組みなどをシリーズで紹介します。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみふくし10月号」をご覧ください

ひみのふくし10月号

ひみのふくし9月号

広報

《9月号の主な記事》

 

シルクスクリーン技法でマイバック作り体験

 

◎あなたに届け!効果的な情報発信を学ぶ!

 氷見市ボランティア総合センターでは、施設やNPO法人のボランティア受け入れ担当者対象に「施設等ボランティア担当連絡会」を開催し、福祉現場の魅力をSNSを使って発信する方法を学びました。

◎「福祉」と「防災」、深イイ関係

氷見市内では、防災を切り口に災害時や日頃の福祉を考える取り組みの一つとして「福祉・防災マップ」の作成が進んでいます。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし9月号」をご覧ください

ひみのふくし9月号