文字サイズ

施設の運営状況について≪2/9更新≫

重要なお知らせ

令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

氷見市社会福祉協議会が提供するサービスや施設の運営状況をお伝えします。(2月9日現在)

ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

 

氷見市いきいき元気館

 いきいき館(体育館側)は現在災害ボランティア・支えあいセンターの拠点となっています。

 

 児童館

  2月10日(土)から通常通り再開します。

  混雑状況によって利用を制限する場合があります。

 

 多目的広場(体育館)・ネット遊具

  使用できません。

 

 学童保育

  通常通り開設しています。その他の学童保育の登録児童については個別にご相談ください。

 

 DD.スマイル塾

  1月15日(月)より再開しています。登録者に担当者からご連絡いたします。

 

 氷見市ボランティア総合センター

  氷見市災害ボランティア・支えあいセンターを運営しています。

 

障害者福祉センター我家

 通常通り営業しています。

 被災され、不安を抱えている障害のある人やご家族からの相談にも応じています。

 

屋内健康広場

 通常どおり営業しています。

 施設の空き状況に関してはお問い合わせください。

 

氷見市社会福祉会館、こども館きらら(保育所、ファミリー・サポート・センター)

 通常通り開館しています。

 

 老人休養ホーム寿養荘

 建物の損壊が大きく、営業再開の目途は立っていません。

 事務所は社会福祉会館2階に移転しました。

 

 寿養荘デイサービス

  建物の損壊が大きく、事業を廃止することとなりました。

ひみのふくし2月号

広報

《令和6年2月号の主な記事》

被災された方の自宅台所で倒れた食器棚を片付ける災害ボランティア

氷見市社協が災害ボランティア・支えあいセンターを開設

一日も早く「いつも」を取り戻すために…災害ボランティアがお手伝いします!

能登半島地震で被災された方の復旧・復興の支援のため、市社協では「災害ボランティア・支えあいセンター」を開設しました。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし2月号」をご覧ください。

ひみのふくし2月号

災害義援金受付のお知らせ

お知らせ

 

災害義援金のお知らせ

 

「令和6年能登半島地震災害義援金(富山県被災者支援分)」の受付について

 

令和6年1月1日に石川県能登地方を震源とする地震によって、県内でも震度5強を観測しました。この地震により多数の方が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じ、継続的に救助を必要としている状況から、1月1日に魚津市、入善町を除く県内9市3町1村においては災害救助法が適用されました。

富山県共同募金会では、被災された方々を支援するため、義援金の募集を実施することになりました。受け付けた義援金は、県で設置する義援金配分委員会において被災者へ配分されます。

皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

1 義援金募集期間

  令和6年1月5日(金)~ 令和6年3月29日(金)まで

 

2 受付窓口 氷見市共同募金委員会

                      富山県共同募金会及び県内市町村共同募金委員会

 

3 義援金受付口座

  ・北陸銀行県庁内支店 普通預金 口座番号 4179363

   「社会福祉法人富山県共同募金会 災害義援金」

 

  ・ゆうちょ銀行 口座番号 00150-9-605602

   「富山県共募令和6年能登半島地震災害義援金」

 

  ※上記金融機関の窓口で、同一銀行間の振込手数料は無料です。

  ※ATM、インターネットバンキング等からは、振込手数料がかかりますのでご注意ください。

 

 

※現金の場合は氷見市共同募金委員会(氷見市社会福祉協議会会館内)にお持ちください。

 平日の8:30~17:00まで受付しています。

 


 

「令和6年能登半島地震災害義援金」の受付について

令和6年1月1日に発生した能登半島を震源とする地震により北陸地方を中心に人的及び家屋の甚大な被害が発生し、複数の市町村に災害救助法が適用されました。

受け付けた義援金は、県で設置する義援金配分委員会において被災者へ配分されます。

 

1 義援金募集期間

  令和6年1月5日(金)~ 令和6年6月28日(金)まで

        (被災県状況に応じて、受付期間を延長する場合があります。)

 

     中央共同募金会:令和6年 1月5日(金)~同年 6月28日(金)

             《富山県、石川県、新潟県、福井県で按分》

     石川県    :令和6年1月 4日(木)~同年12月27日(金)

     新潟県    :令和6年1月 9日(火)~同年 6月28日(金)

     福井県    :令和6年1月16日(火)~同年 3月29日(金)

 

2 受付窓口 氷見市共同募金委員会

                      富山県共同募金会及び県内市町村共同募金委員会

 

3 義援金受付口座

  ・北陸銀行県庁内支店 普通預金 口座番号 4179363

   「社会福祉法人富山県共同募金会 災害義援金」

 

 

  ※上記金融機関の窓口で、同一銀行間の振込手数料は無料です。

  ※ATM、インターネットバンキング等からは、振込手数料がかかりますのでご注意ください。

 

 

※現金の場合は氷見市共同募金委員会(氷見市社会福祉協議会会館内)にお持ちください。

 平日の8:30~17:00まで受付しています。

 

 

 

災害義援金情報

     ・社会福祉法人中央共同募金会

     ・社会福祉法人富山県共同募金会 


 

 

「令和5年6・7月大雨災害義援金」の受付について

令和5年6月29日からの大雨により、山口県、佐賀県、福岡県、秋田県、石川県、沖縄県、茨城県、千葉県、福島県では人的及び家屋への甚大な被害が発生し、複数の市町村に災害救助法が適用されました。

氷見市共同募金委員会では、被災された方々を支援するため、義援金の受付を実施することになりました。皆様のご支援賜りますようお願い申し上げます。

 

1 義援金募集期間

  令和5年7月12日(水)~令和6年3月29日(金)

     (被災の状況に応じて、延長する場合があります。)

 

  佐賀県:令和5年7月18日(火)~令和6年3月29日(金)

  福岡県:令和5年7月18日(火)~令和6年3月29日(金)

 

2 受付窓口 氷見市共同募金委員会

                      富山県共同募金会及び県内市町村共同募金委員会

 

3 義援金受付口座

  ・北陸銀行県庁内支店 普通預金 口座番号 4179362

   「社会福祉法人富山県共同募金会 災害義援金」

 


 

 

 

 

受付窓口

 氷見市共同募金委員会(氷見市社会福祉協議会)

 

 

     ◎領収書を発行いたします。

      (所得税・法人税にかかる税制上の優遇措置を希望される場合は、別に被災県共同募金会

      から発行される義援金領収書が必要ですので、お申し出ください。)

     ◎お寄せいただいた義援金は、富山県共同募金会を通して

      各都道府県の共同募金会へ送られ、被災された皆さまへお届けいたします。             

 

 

              問い合わせ先

氷見市共同募金委員会(氷見市社会福祉協議会 社会福祉会館内)

TEL:0766-74-8407

FAX:0766-74-8409

市民講座「自分らしく、これからを生きる」(終活講座)の受講受付中!

募集要項

今年も終活講座を開講します!

もうすぐ〆切!皆さんのご参加お待ちしてます!

日時・会場

テーマ、内容

講師

2月16日(金)

10:00~

   11:30

芸術文化館

相続のこと、考えてみませんか?

「死後事務で必要になってくること~相続登記義務化と相続土地国庫帰属制度について~」

 

※相続の新制度、死後の事務について学びます。

受講者にはエンディングノートをプレゼント!

司法書士法人谷道事務所代表、司法書士

谷道伸也氏

2月17日(土)

10:00~

   11:30

芸術文化館

自分らしく、これからを生きる

「エンディングノートを使った生前整理の進め方」

 

※昨年度に引き続き、エンディングノートを使った生前整理の考え方について学びます。

(株)クラデュース代表

シニアライフカウンセラー

浮田美紀子氏

2月22日(木)

13:30~

   15:00

社会福祉会館

福祉専門職向け

本人と家族に向けたエンディング支援

「対象者のエンディングを支える視点」

 

※ケアマネ等の専門職が対象です。

エンディングを支える視点、生前整理が必要な利用者やその家族への支援について、ポイントやできることを学びます。(今年度新設)

申し込みURL https://forms.gle/45YVQK81hH6PQhwU8

電話でのお申し込みは、月~土 9:00~17:00の間にご連絡ください。

申込電話番号 0766-74-8407

ひみのふくし1月号

広報

《令和6年1月号の主な記事》

 

障害のある人もない人も共に生きるまちづくりをめざして

〇障害もある人もない人も共に生きるまちづくりフォーラム

令和5年12月9日(土)、「障害もある人もない人も共に生きるまちづくりフォーラム」を開催し、地域の方、福祉関係者等、約80人が参加しました。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし1月号」をご覧ください。

ひみのふくし1月号

 

 

(株)三ノ宮燃料、(株)三ノ宮住設様よりご寄付をいただきました

行事

 

寄付を渡す三ノ宮常務(右)と市社協七分常務理事(左)

12月20日(水)、(株)三ノ宮燃料、(株)三ノ宮住設様より、福祉基金に50,000円をご寄付をいただきました。

この寄付金は、両社の従業員の皆さんが年間を通じて段ボールやアルミ缶を回収された収益で、長年この活動を続けてくださっています。

従業員の皆様、ありがとうございました。氷見市の社会福祉の向上のために活用させていただきます。

 

氷見伏木信用金庫様より長坂棚田米の寄付をいただきました

行事
贈呈式の様子

信金藤井理事長(左)と市社協髙木会長(右)

 11月16日(木)、氷見伏木信用金庫様より、今年度の長坂棚田オーナー事業に応募し収穫された棚田米20㎏をご寄付いただきました。

 市社協では、学習・生活支援事業「DD.スマイル塾」の夕食提供に活用します。

 ありがとうございました。

ひみのふくし12月号

広報

《12月号の主な記事》

 

宇波のハツラツお母ちゃん ふきのとうの会

 

〇宇波のハツラツお母ちゃんたち 「ふきのとうの会」

ふきのとうの会では、宇波公民館を拠点に活動するボランティア団体です。

地域の方への弁当作りや、祭りでの屋台の出店、かき餅作り等地域に根差した活動を行っています。

 


☆その他、詳しい記事内容は下記のPDFファイル「ひみのふくし12月号」をご覧ください。

ひみのふくし12月号