障害者に関するサービス

氷見市障害者福祉センター我家(わぎえ)は・・・

万葉のいにしえより「自分の家、わがや」の意で詠まれ、その室内にはどっしりと大きな梁をめぐらし、心やすらぐ「わがや」をイメージしました。

2005年3月28日、氷見市にはじめての身体障害者専用のデイサービスセンターが開設されました。

 

相談について

障害児者が地域の中で生活を継続する上での悩みに応じ、関連専門機関との連携を図りながら解決に向けての支援をおこないます。

相談日時: 月~金 午前8時30分~午後5時
(但し、緊急の場合がこの限りではありません。)
相談方法: 直接おいでいただくか、電話により相談できます。 相談員が家庭を訪問することもできます。
(来所される場合は事前にご連絡ください。)
  • 相談は相談支援専門員がお受けいたします。
  • 相談料はかかりません。
  • 相談員には秘密を守ることが義務つけられています。安心してご相談ください。

インターネットでのご相談はこちらから

ケアマネジメントについて

障害児者が、在宅生活を継続していく上で、生活全般にわたるケアマネジメントを行い、より自立した在宅生活が送れるよう支援をおこないます。 マネジメント料はかかりません。

ケアマネジメント従事者(ケアマネージャー)は、利用者の主体性を尊重しながら、利用者のニーズを満たす社会資源やサービスを結びます。

サービスについて